読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

***心模様***

心の病を持った妻とそれを介護していく夫・そして2人の子供たちの介護へむけての取り組みなどを綴っています。また、周りの同世代の介護・高齢者のお話も時々呟いていきます。

【スピンオフ】子育ては実は平等だったと気付かされた日。

我が家は核家族。両親の親は皆早世し、父の兄姉が近くにいたので、お産の時に手伝ってくれたのが父の兄の奥さんだったり、伯父・伯母は私を可愛がってくれた。殊に伯母は息子3人だったので相当甘やかしてくれたが、下が生まれる時は父が休んで私を見ていたそうだ。

だから産後は相当きつかったと思う。焼きもちを焼く私と、身体が余り丈夫ではない下。父は営業でほぼ飲んで帰ってくるから、休み(当時は日曜しかなかった)なんかもう、どうだったんだろう?と、孤軍奮闘していた頃を思い起こしてみた。その中で大事なことは、公団の分譲(社宅)に引っ越してから、近所の方々が私を数時間でも預かってくれたことだろう。

 

「美容院に子供を連れていけないから預かってくれる?」

 

母たち後期高齢者の世代は家に必ずウイッグがあった。美容院に行くのは決死の覚悟で子供を夫に預けなくてはならない。うちは接待ゴルフで日曜日もいない。幼稚園だなんだのイベントは母には「綺麗にできない」ことも苦痛だったのだろう。「下がまだ小さいので」と、徒歩で通える幼稚園も近所の方に送迎して貰っていた。下の時はウイッグをつけて出かけたが、これには下が泣いて抵抗したらしい(笑)「ママ。やめて~!ママじゃないよ~」 女心を分からない幼児だった。

 

昨日、先輩と話をしていて母の介護の話(生い立ちやら)をしていた。そこでふと思い出したのが「私はやりたい習い事をたくさんしているけれど、下は自分の希望の習い事はしていない」ということ。先輩は「お母さんはそういう風にして、下のお子さんが病院に行く代わりにあなたにいくつかの楽しみや選択肢をくださったと思えばいいのよ」と仰った。

 

転居した時にたまたまエレクトーン教室があった。オルガンを長くやっていたのでどうしても通いたかった。家のローン・下の病院通いがあったにもかかわらず両親は月謝を、そして高いエレクトーンを買ってくれた。

下は父がコーチをしていた習い事に無理やり押し込まれ、母に「何で好きなことをさせてくれないの?」と文句を言い、休もうものなら父に殴られそうになり(身体を鍛えるとか言っていたが)「もう行きたくない」と父にはっきり言い自由の身となった。

 

何だかんだの末、私が24歳・下が28歳で結婚したのだが、下の結婚の際に母から電話が来た。

「私あなたにいくらあげたっけ?」一応持参金というものをつけてくれたのだ。(夫には内緒)

「披露宴のお金は折半で出してもらったでしょ?それ以外にお父さんからって〇万円貰って、お母さんはミシン代をくれたよ」

「分かった。ということはミシン代…ああ、あの子には一人暮らしをした時に家電をあげてるから相殺できるわね」←しっかりもののお母さんであった。

 

今思い出した。平等という話だけど、下は一浪して私立大に入っている。私は現役で公立短大に入った。当時の国公立の学費は、今の公立高校の毎月の授業料の1年分に相当する額。どれだけ安く(皆様の税金を使い)通ったかと思う。

「だからやっぱりお金は〇万円でいいということにしようと思うわ。あなたが自分で公立に行くって決めたんだものね。お金がない時期だったねえ…」

 

今はそんなことは覚えているわけがない。両親は生きることに必死だから。

 

孫は1人。今は自分のこと(自分たちのこと)でいっぱいな両親と孫。いずれこの関係を書かなくてはならないかな。それが私と母の子育て感の違いでもあるから。