***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

孫を思い出した母に喜ぶ孫。

ややこしいタイトルで申し訳ないm(__)m

 

両親の孫は我が家にいる外孫1人である。介護認定を受けた時の記憶は全くない母。

あの時私は母に「孫がいたよね?」と聞いたら、「いる。◎って子でろくにうちに来ない」と言った。その後は両親ともに孫どころではなく、私や下、時には夫が実家に行く様子を見ていて、「祖父母はもう、自分のことなんか見ていないんだな」と思っていた。

「お正月に実家(と子供は言う)に行かないっていうのは寂しいね」

「お年玉はもう、貰えないんだね」

「おばあちゃんは自分のことを覚えてるのかな?」

ひとり孫で大分甘やかされたし、実家のご近所の奥さんたちに受けのいい子供。最後に行ったのは昨年の成人の日に晴れ姿を見せて、遅ればせのお年玉やらお祝いを貰ってきた時だった。

 

昨日、母に子供が春から一人暮らしをするかもしれないと話しかけた。

そうしたら急に母、「ああ。◎と会ったのは成人式の時が最後じゃないの!」と答えた。

ああ、覚えてるんだなとちょっと嬉しくなったので、帰宅して子供に話した。

 

「おばあちゃん、ずいぶん元気になったんだね」

「感情の起伏が激しいので突然泣き出したりするけど、ご飯はお母さんよりうまい」

「そっかぁ~。遊びに行けるかなぁ~」

 

我が家にあるプリントアウトした介護関係の資料をふと見たり、時に電話の後、頭を抱えている私を見て、子供はどうしても友達の祖父母と比べてしまうのだ。

 

どうしておばあちゃんは苦しむだけの人になっちゃうんだろう?

 

子供は行動こそ大胆だが、内面は大学のことで葛藤していた時期がある。

それを乗り越えて今、就活やら卒論に向けて動き出している。

色々な人がいる社会の荒波に乗り出して、少しは分かってきたのだろうか。

元々子供は精神医学をやりたかったのだが、何が何でも国公立の医学部しかダメと私が言ったりしたたので「それは無理」と、志望を変えた経緯があるから、老年期の心理までは分からないとしても、心の病に関しては自分でも調べてみることがある。

 

あなた(や私・夫・父)のように好きなことをする時間を作れなかったんだよ。

 

おばあちゃんはやりたいことを諦める性格だったんだよ。今、その反動が来てるんだ。

 

母は一番正直に生きている。見返りのないことを嫌だとはっきり言っている。

今、母から外へ出る機会を寒さが奪っているけれど、そのうちに春が来る。そうしたらきっと散歩も再開できる。

 

両親が何を言い出すか分からないけれど、子供には両親の老いを知っていて欲しい。

そう感じた日でもあったし、時間があったら子供を伴って実家に行こうとようやく、我が家では思いが固まった。