読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

***心模様***

気分障害と軽度認知障害を持つ妻とそれを介護していく夫・そして2人の子供たちの介護へむけての取り組みなどを綴っています。また、周りの同世代の介護・高齢者のお話も時々呟いていきます。

母の不調①

都内の子供の下宿に荷物を持っていくため、仕事を休んだ日にスマホに父から電話が来た。

「お母さんがこう言っているので、別の病院にかかるためにどうしたらいいか」

途中で母が出て涙声になって話し出した。宅配便を受け取るために一旦切り、再度かけた。

内容としては以下になる。

 

①見てもらっている歯科医院で上顎(口蓋)と舌が白くなっている。これは喘息の吸入薬のせいではないか。一度、出してもらっている内科で相談した方がいい。

 

www.ishamachi.com

 

私の専門なので分かるのだが、相談するには母の内面の落とし穴があった。

②内科の先生が、去年退院した後で(入院前はせん妄で言葉を発したらしい)「よくあんたここに来たな」と言ったから、薬のことを歯医者に言われたとは言えない。

 

③そこでふと思い出したので、20年近く前に喘息を見つけてくれた先生(今は開業なさっている)のところに行きたい。

 

そちらの開業医は我が家のホームドクターである。夫と子供が17年・私が15年ほどお世話になっている。つい先日の私の休みが下宿前日で大騒ぎだったので、夫に薬だけ頼んだところだった。

こちらは当日予約で人数に制限がある。初診なので予約を入れるかどうかを聞いていて、「これじゃ電話では無理だから帰りにお寄りします」と言い、子供とお昼を食べてから地元へ急いで戻った。

先生は問い合わせの電話を聞き、私の母じゃないかと分かったそうで、お忙しい中1人の受付の方を窓口にしてくださっていた。

お話をして、当日は私は行けないこと。精神科との兼ね合いもあるので、そちらはお任せしたいこと等を話し、予約方法を伺って帰宅した。

 

下にはメールを入れておいた。電話がかかってきたらしく「また浮気の話をしだしたから…悪くなってるのかな」と危惧している。それでも母は今日、デイサービスには出かけているはずだ。

子供は大学生ではあるが、就活と研究室(卒論)に初めての下宿で戸惑うことが多いが、「頼む。何とか乗り切ってくれる?仕事の帰りに下宿に寄れる日もあるから。おばあちゃん、ちょっとまずい状態でね」と現状を伝え、「何とかできることはやるから大丈夫。いざとなれば家に帰れるから」との答えに安堵して、落ち着かない日々がまた、始まった。