***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

【スピンオフ】墓所に関する私の考え。

突然、お墓ネタだけど、深刻な問題なので書いておく。

古い考え方をするのは私の両親だけではなく、年の離れた夫の兄も同じで、「嫁に来たんだから、何かあったらうちに入るんだよ」と、姑の葬儀の際に言われて、寒さ以外の寒気がしたのを忘れられない。

 

(兄の言葉を聞いた私の心の声)

いやいや。私は入りませんよ。そして夫がどうしても希望するならそちらにお邪魔させるかもしれませんが、墓所が別居になる可能性は非常に高いです。というのは…余りにも交通が不便だからです。しかも法事などで檀家だからお金がかかるということも仰っていましたね。

夫は墓名碑に名前を刻んで貰って、墓は私や子供の便利のいいところにしてくれと言っています。多分、そういうところを探すと思いますよ。だから法事というものはそちらで小さくやると思いますし、子供にも希望は話します。どちらが先という順序は私たちには分かりませんから。

 

(両親には言えない心の声)

お墓がね、遠すぎるんだよ。親戚だっておいそれとはいけないし、私も下も2時間電車に乗っていく場所だよね。前にお墓の引っ越しを考えていて、お父さんに言えないままだったけど、この間、「どっちが先に逝くか分からないだろ?」みたいなことを言ってたでしょ? ふと真剣に考えちゃうんだよね。

 

我が家の方は墓苑までの送迎バスが出ているので、故郷ではなく住んでいたところで皆さん、墓所を立てると聞いているが、私は、都内のロッカー式墓所に入れてもらう予定でいる。その方が子供も気楽だろう。法事云々など教えていないし。

 

(ここで幼い時の子供の笑い話)

・我が家には神棚がある。初めて夫の父の墓所に言った時、柏手を打っていた。

・幼稚園がプロテスタントだったのだが、2回目の墓参りは手を組んでお祈りしてしまった。

「それ、おじいちゃんが笑ってるよ」と私と夫で吹き出すのをこらえて線香を渡した。

・実家に遊びにいった2歳くらいの頃、鐘(リン)を鳴らす父親の姿を見て、やたらに鳴らして”遊んでいた”ので、母が「そこまで呼ばなくてもいいよ」とたしなめたこと。

祈りをささげる気持ちに変わりはないが、幼い子は面白い。

高校1年の時におばあちゃんが亡くなったのだが、その時は夫の会社の方・友人の弔問の対応で忙しい私の代わりに、妹がきちんと教えてくれたので、騒ぎはなかった。

 

夫の方も私の実家の方も、後継ぎがいない。お墓の後継者問題も深刻なのだ。

でもね。どこででも祈り、思う(思い出す)ことはできるわけだから、例えばここに一緒に行ったよねというところで首を垂れて祈ることの方が大事だと思っている。

そうやって私は、大事な友達が先に旅立ち、墓所が遠いので、彼女が生きていた街で、一緒に遊びに行った都内の映画館で、手を合わせることにしている。