***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

デイサービスの効果。

昨日がケアプラン会議で、週1日利用しているデイサービスの管理者さんも同席の上、まずは女子会(母・私・ケアマネさん・管理者さん)で今までのこととこれからのことを話していた。

途中で混乱している母を見ながらも、言葉を選んで感謝の意を示している顔を1年前は想像することはできなかった。

この間、父は私に命じられた新しい介護保険証と負担割合のコピーを2部、取ってきたのだが、1つが指示した通りではなかったので、再度コンビニへと歩いて行った。私が行こうと思っていたが、「雨だからお父さんが行く」と出かけてくれたので、外野が入らないケアプラン会議を少し勧められた。

 

デイサービスは小規模。慣れるまでに(生活の中に取り入れる)随分時間がかかった。管理者さんも「とても気を遣う方なので、私たちは助かるけれど、ご負担にしないでください。楽しで頂けることが何よりなんですよ」と母に話してくださる。

母は「お昼を頂いた時に”これ、おいしいな”と思ったら、自宅で作ってみようと思うんですよ」と話し、びっくりしたのはこの言葉。

 

「病院が落ち着いたらもう1日、通いたいんです」

 

一同、びっくり。ケアマネさんが「意見書をくださった医師の手書きのコメントにもありましたよ。デイサービスを通じて他者とのかかわりを持っていることが軽快している理由だろうって。」と教えてくれた。

 

父もここのところ忘れっぽくなったのを自覚している。また母が髪を洗いたい時は入浴介助もどきをしているので、彼自身も煮詰まっているだろう。だから少しは離れる時間が必要なのではないか。但し前のようにゲートボールに行くことはできない。何らかの形で社会への父のかかわりを少しだけ元の状態へ戻す時間が、今後の老々介護でも必要なのではないかと考えている。

 

母は電話をかけることができない。かかってきた電話を父から電話を取り次いでもらって話ができる。実家の短縮ダイヤルがまだ、下が引っ越す前のもので(今は固定がない)「かけられないし、かかってこないんだよねえ…」と少し寂しそうだった。

この日の経過報告をしがてら、下に電話を入れた。「まだ決定はしていないけど、月末に行くつもりだから、また、連絡しておくよ」と言っていた。過度に期待をして貰っても困るので、両親には話をしないで帰ってきた。

 

f:id:kanade15:20170719092607j:plain

 

昨年の夏には何もなかったプランターには小さな家庭菜園ができていた。トマトは母の従弟(68歳)がどどっと送ってくれたもの。てきぱきと切り分ける母の手元を私と夫と父は穏やかな顔で見ていた日。そう、これは父が作ったものなのだ。