***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。たまに医療ネタがあります。

仕事の中における自分のポジション。

お盆時期に実家でのケアプラン会議があった。実家に行く日はいつも雨。

今回の母に対する気づきは、

・デイサービスでの人間関係が良好になったこと。

 小規模の施設の中で、利用者さんが意外と施設の職員さんよりも同じ利用者(母は少し若いほうだが)を頼りまた、覚えていること。

 以前の私の仕事でサービス付き高齢者向け住宅に行っていた時も、利用者さん同士の仲良し度が分かったし、双方で頼りあうことをしている光景を何回か見かけたから、納得できる。母はきっとボスママなのだろう。

・会話をしたい。

 父が自分の姉や姪に電話をして、消息を訪ねているらしい。その電話は父がかけて切るだけで母が変わって話すことはない。それ相応に母は不満なのだ。

 近所にいる同年代の方もご主人が家に人が来ることを嫌がるそうで(かといってご自身が出向くのもいい顔をされないそうだ)ベランダ越しに5分話をするだけで終わってしまう。

・下との関係。

 先月帰省して実家に寄ったのだが、「話をしても答えがないのよね」とぼやいていた。恐らく私と下の考え方にずれがあることと、今となってやや対等に話を聞き、私は少し考えてやんわりした回答を出すのだが、下は回答を出さない。元々そういう性格だけど、アグレッシブに医療保護入院をさせた昨年の行動力を思い返すと、どうしたんだ?とついつい言いたくもなる。

 あの子は仕事が忙しいんだろう。

 配偶者の家は看病だから2件は大変だろう。

そう思うことにした。結果報告も今回はしていない。

 

f:id:kanade15:20170817095626j:plain

 

去年は見られなかった花。病院に行く方が多かった8月だったから。

 

この2ヶ月ほど、フリーター主婦は考えていた。仕事に行く日を変えようかと。

それは眼科に行った時の話から始まる。前回行ったのが3月で、目薬だけ貰うのが2回(昨年の12月と今年の3月)だったそうで、「眼が悪いのにこれじゃだめだよ。復職して相当眼を酷使しているわけだから、他の検査もしなきゃだめだ」と暗にお叱りを受けた。

また頸椎がおかしいのではないかと言われていて、やっと整形外科に行けたのも7月だった。

 

乞われて行く仕事の日もある。そちらは私が介護をしていることを分かっていて、無理は言われないし、日曜日だから逆に医療機関は閉まっているので月に2回は伺っている。

 

スタッフの妊娠・出産・幼児の子育ては女性の多い職場にはありがちなこと。

 

ここに大学生の子供の母親という存在は、自分の体調を整えれば有資格者としての戦力になるということが分かった。

だから自分の体調(通院)をする曜日をもう1日作ろうかと思い、実際は月に2日くらいしか休みはとれない感じだけど、完全オフの曜日に実家に行く日を増やすことはできる。

車は夫が乗っていくので、母の話し相手になってあげるくらいしかできないけれど、もう1日、増やさないとまた、不満が蓄積されるだろう。

 

そんな年齢になったんだな…。自分にできるのは何だろうではなく、若手を守ってあげることしかないんだと気付いた。

と同時に、母のことだけではいずれなくなる介護問題もまた、若手だけではなく同僚たちに訪れることなのだ。