***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

お彼岸に思う。

夫の父は1989年・母は2011年に他界している。県内に墓所があるのだが、高速を使わないと時間がかかる。また夫の休みは勤務表なので、元より「彼岸のあたりに…いや、行ける時に行けばいいよな」と長年、春と秋のお彼岸は、私と休みが合えば一緒に出向いていたし、ひとりで出かけている方が多かった。

 

2014年の5月に夫は肩関節を派手に骨折して、観血的整復固定術を受けた。左腕が(今は)50%くらいしか上がらない。重い荷物を両手で持つことはできなくなってしまった。執刀医に「元には戻りません」と言われて、彼は諦めかけたことがある。

 

高速運転。

 

私は80%ペーパードライバーで、目が悪い。車庫入れを大の苦手とし、高速教習を受けていないMT車しか免許がない世代。買い替えた時にETCになって、1回だけ空いている区間を運転したことはあるが、墓所までは飛ばす車が多くて怖くて運転する自信がない。

80%というのは子供を駅まで迎えに行く・普段車が余り通らない道幅の広い道路を運転できるというレベルで、夫は助手席に乗っているのが大前提である。

 

しかも墓所への電車でのアクセスが非常に悪くて、近いバス停は2時間おき。周りに店はなく、バスターミナルまでは3キロくらい歩かないとならない、車がないと生活できないところ。

 

実は3か月前。夫が思い出したように(今頃か?)「ETCが使えないんだよね。現金で払ったけど…」と言い出した。最後に使ったのが1年くらい前らしい。その時のことを話している。メーカーに聞くと「それは機械の故障だと思います」と言われて、「どうする?」と夫に尋ねた。

 

「修理はいいよ。もう高速で墓参りには行けない。俺、怖いから」

 

 

kanade15.hatenablog.com

 

夫が手術中の大量出血とその後の半年のリハビリ途中で仕事に復帰し、現在に至る。当時大学1年生だった子供を抱えて、もし何かあったらどうなったんだろう?墓所だって私の一存で決められたのだろうかと思う。何にせよ、夫は時間がある時に両親の墓参りには行きたいという顔つきで花を見ている。

 

f:id:kanade15:20170924100254j:plain

 

私の実家の墓所は他県だが、交通網は便利なので、時間と気合いさえあれば行ける。

何度も書いているが父には祖母(実質は伯母)の遺言通りに建てたところに齢80で行くことは苦行になっているだろう。

 

今年のうちに夫の両親の眠る墓所に行こう。人を思う心は時期とは関係がない。

せいぜい私ができるのはこしあんのおはぎを買ってくるくらいだから。