***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

【Another Story】(幼稚)園活、しましたよ。

子育てをしている時にどうしても母に来てほしかった時がある。それは幼稚園入園に際することだった。一応打診したのだが、うつ状態だったので無理だと判断した。夫の協力なくしてできなかったことなので記しておこう。

携帯を主婦が持っていなかった時代だから、家電が全てだった。今ならLINEでできるのに(笑)

子供が通った幼稚園は募集定員が100人だった。そのうちいわゆるきょうだい枠が半数近くあるということで、第一子のサークル友達や公園友達は戦々恐々としていた。これは子供の年で、翌年の第一子枠は更に少なかったと聞いている)

家からは近い。願書は余分に配っても10通らしい。これは転勤も加味してのことだったのだろう。何にしても願書を貰えなければ入れない。前日の公園で、子供たちは元気に・母たちはやや重い顔で相談をし、サークルではない仲良しのママに電話番号を聞いて順番を決めて連絡を取ることにした。

 

予定では朝6時半に並べばいいということだったのだが、たまたまゴルフに行くお父さんが回り道をして幼稚園を見に行ったらしい。「うちのパパが中で待ってるって言ってるからもう出たほうがいいよ!」連絡は6時過ぎ。当然私は化けている場合ではなく、先に起きてスタンバイしていた夫に「私は次の人に連絡をするから先に出て!」と叫び、幼稚園まで行って貰った。

ママたちと夫は世間話もするような関係(公園に連れて行ってくれたので親しい)だったので、「◎パパ、お休み取ったんですか?」「ううん。10時から仕事にして貰った」など話していたらしい。

実はこの日と願書提出の日。我が家以外のおうちはおばあちゃんが子供を見に来ていた。中には乳児が第二子というお母さんもいるので、それが普通だったのかもしれない。流石に朝6時半に子供を同伴している親はいなかったそうだ。

 

願書の配布は9時からだったので、子供はすでに7時前に起きていたから「お父さんと交代に行こうか?」「うん!」8時に2人で幼稚園に向かい、夫と交代した。その時のことを、入園して2年間同じクラスだったお子さんのお母さんが後で教えてくれた。夫は舞い上がっていて気づかなかったそうだが、夫の会社に一時いた方が同じ場所にいて、「声をかけていいものか…迷ったわよ」と。その方もおばあちゃんに来てもらって遠くから駆けつけて願書を待っていたそうだ。

7時を持って配布定員が切れた。無事にサークル・公園仲間全員が願書を頂いて、子供は遊びたそうな顔をして園庭にいる1つ上のお子さんを見ている。周りのお母さんが「今日は雨だから、お買い物に皆で行こうか?」と声をかけてくれて、泥だらけは回避できた(-"-;A ...アセアセ

 

願書提出の日はもう少し遅かったのだが、やはり並んだように思う。その日もおばあちゃんが来ていた子が殆どだったが、うちはあくまでも時差出勤で願書受付をしてから面接と制服の採寸があった。

ホッとした~~~~~~~~~!

 

幼児サークルでは3年保育の子が先に辞めていく。夫が通わせたい幼稚園として選んだのがこちらで、授業料が少し高いので、賃貸に住んでいたが、金利が安かったので幼稚園に近い物件を買い、ローン生活になった。それでも家賃よりローンが安かった頃の話。夫は子供と遊ぶ時間を長くしたいので2年でいいと決めていたそうだ。

 

願書を貰う年の7月に、サークルを終えてからぞろぞろと幼稚園見学に親子で行った。園では歓待してくれて、上の子が通っていたお母さんは話が盛り上がっている。遊具だらけの天国に来た子供たちはもう、手の付けようがないほど遊びに夢中になっている。引きはがす方が大変だったが、インパクトはつけておいた方がいいらしい。その後、園の運動会に参加して、願書配布の日を待ったわけだ。

 

実際入園して、子供が楽しそうにしているのを見ながら(送迎はバスではなく徒歩)1つ上のお子さんのお母さんがこんなことを言っていたのが印象的だった。

「ここでママ友ができる人もいるし、できない人もいる。自分の友達を探すんじゃないのよ。子供が自分の友達を探し、時には喧嘩をして、育っていく場所だから、割り切る方がいいよ」と。

そう考えると、入園前の時からその準備は始まっていたということなんだ。子供が生き生きとする場所を探したら(うちは本人からの友達が行くというノリが強かったが)少し親が離れなきゃいけないんだ。

確かに子供は後追いもせず、むしろさっさと帰れ的な顔でいたので、「サラリーマンのような幼児だ」と、感服していた。

 

幼稚園から中学まで一緒のお子さんはかなりの数いるのだが、現状としては中学の部活の友達のママたちと、高校1年生の同期の仲間のママくらいかな。親としての交誼があるのは。それもイベントの時だけだし…今は皆、仕事をしたりして会うこともないけれど、園で得たのは実は同い年の親御さんよりも1歳上のお母さんとの今でもある立ち話の時間だろうか。

 

色々なお付き合いがある。乗るも乗らないもその人の自由。無理して集まりに行くことはない。

そう開き直れたのはこの時だった。

 

 

kanade15.hatenablog.com

 

担ぎ込まれた病院に幼稚園のクラスメイトがお母さんといた。高級メロン頭で。しかも子供と2年間、喧嘩をしつつも仲が良かった子だ。

その方こそ、夫を知っている方で、体調がものすごく悪そうに見えた(実際悪い)私にこう言ってくれた。

「預かろうか?」

「多分ね…夜遅くなるからいいよ」

その翌日、高級メロン頭の同級生も病院に来ていた。隣の科だったのだが、「お子さん、見ててあげるから点滴をしてきて」と、お昼まで買ってくれて長い待ち時間を過ごしてくれた。

病気で辛いことよりも、うれし涙が出てきた。

その年、子供がどうしても行きたいというので運動会に連れて行くと、その親子も来ていた。

引っ越しすることが決まっていたので、最後の幼稚園の運動会観戦だったそうだ。

 

離れた場所から「元気になった?」と口が動いている。私は〇と手をあげた。

幼稚園をここにしてよかったと思えた瞬間は、卒園後に現れたという不思議なお話。