***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

時間がかかってもいいじゃない。

母のデイサービス増の件だが、やはり空き待ちになった。数か月前は空いていても母の気持ちが落ち着かず、歯医者の定期健診もあったそうだ。流石に1日に2か所の通院は無理だろうし、私も仕事をしている中で、その方のライフスタイルに合わせることを優先しているので、アポをずらしてもらって構わないと申し上げる。また、私も3か月に1日は自己免疫疾患の検査のために半日休むことがあるので、その旨は申し上げると、予約をずらしてくださる。

高齢の方にはなるべく自分の予定を優先して頂きたいし、やるからにはじっくりお話も伺いたいというスタンスで仕事に臨んでいる。

 

40年ちょっと前の年末に今の実家に引っ越した。その時のクリスマスは段ボールに囲まれ(あまり記憶がない)ケーキを食べたんだろうなとか、5階のおうちから幼馴染がおもちゃを持ってくる(その代わり私が5階のおうちにおもちゃを届ける)のも最後だったんだろうなと、もはやおぼろげな記憶を辿っていた。

 

母が物事に慣れるまでには1年かかる。私も新しい仕事先に行き、慣れるまでには半年くらいかかる。あくまでもスロースタイルな母子なんだと思う。但し私は即決を求められる仕事でもあるので、ついつい両親に無理強いをしていたのではないかと猛省している。

 

老いを否定できない母の心と、老いを明らかに出す父との狭間で私はこれからも小さい力で動いていくだろう。今のうちに悔いのないように、私を支えてくれる人たちに心砕きたいと思うようになった。

私だっていつまで元気で仕事ができるかどうかも分からない。だから今、生き抜きながら見守るしかできない。

 

Happy Christmas🎄

 

f:id:kanade15:20171217094422j:plain