***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

携帯の機種変更に立ち会う。

昨年より父が言っていた携帯を変えたい(外側が壊れている)という話を、帰省した下は知らなかったそうで、自宅に帰ってから電話で伝えると、「お父さんが持っていないのは困るから、お金出すから付き合ってくれない?」と言われていた。たまたまオフになった今日、ショップ前で待ち合わせをして手続きをすることになった。母はデイサービスに行っている日である。

 

機種は決まっている。昨年末に夫が変えたと同じかんたんケータイ(ガラホ)で、ネットを使うかどうかは父と相談して決めようと思った。機種はこちら。

 

japanese.engadget.com

 

文字が大きい・万歩計がついている・音も大きい。実際デモ機を触って「これでいいよ」と父が言う。その後は事務手続きだ。

Eメールもネットも使わない

ショートメールも使わない(多分、使えない)という状態なので、店員さんから「5分以上話さないのであれば、最低限の料金プランにしましょう」と提案されて、リンクさせて貰ったような月々2000円弱の料金になった。

 

父の携帯は9年余り使っていたそうで、ポイントも相当たまっていた。分割で払う予定でいた父に、「出すからいいの」と、事前にお金をおろしてきていたが、実際は9000円弱で購入できた。「機種変更手数料だけ引き落とされるから、それはお願いね」と父に話しておいた。

 

「お前たちにそんな負担をかけるのは申し訳ないな。自分で出すよ」と何度も言う。下は「自分が出すから金額教えてね」と言ってくれていた。でもこのくらいだったら私が出せるので、「いいの。私出すから大丈夫」と念を何十回も押してきた。

 

アドレス帳だけは移行して貰った。その時にロックがかかっていて、できないかも?と焦っていたが、父は「今年来た年賀状を見て、電話帳を整理することにしているから自分で拾ってもいい」と言っていた。無事、データが移行できて、店員さんから「170件は無理ですよ」と言われ、あとは消せばいいだけになった。

 

帰りに「飯でも食おうよ」と誘ってくれたのだが、私も平日の休みには色々用事があるので、待ち時間の間に父とじっくり話もできたことだし「また時間を見てそっちに行くわ」と、駅で別れた。

 

今回、一括で支払った理由は、夫がガラホを変えた時にauショップで「すみません。ついでと言ってはなんですが…」と、データ移行中に尋ねると、「それだったら一括の方がお父様に負担がなくなると思います」と言われたからだ。

 

父の携帯は、恐らく蓋関係が皆はずれていたのだろう。セロハンテープで何か所も止めてあった。9年前だったら耳の手術をする前後であろう。うちと同じauにして貰ったのは、ショップが近いからだ。

 

今早速電話がかかってきた。「短縮ダイヤルをお前の携帯にしてテストした」繋がるよね(笑)

3番まである番号を私・下・誰か親戚に設定しているんじゃないかと思う。

「あ、5分以内だ」と焦って、母が変わったけれど短めに話をして電話を切った。

 

f:id:kanade15:20171217094422j:plain