***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。スピンオフとして私の趣味の写真などを載せていきます。

週2回のデイサービスに通い始めた母。

毎月第2週がケアマネさんとの話をする日で、3月はまだ週1回かな…と思っていたら、3月の第3週くらいから行きだしたらしい。というのは私が4月の頭まで子供のことでてんてこ舞いになるわ、私自身も体調が今一つに加えて色々あったから、下からのメッセージを読んで、「え、週2回行ってるんだ」と知ったのが4月2日(-_-;)

 

元々通っている日と違って、超高齢者や障害を持つ方もいることにどうやら抵抗を示している母。そういうところが私とぶつかる点なのだが、下には愚痴をこぼして「やめようかな」と言ったとか。

そこで私は気づく。

母は身内の中でも80歳を超えた人を知らないし、身体障害を持つ方と関わりを持ったことがない。父の姉2人が該当するのだが、5年ほど前に会って「そうそうは会えなくなるね」と旅行をしたと聞いている。

反して私は仕事の中で90歳を超えている方と接することがあるし(80代は当たり前)学生の時から障害を持つ方と接する機会は多かったので、仕事以外のお世話を焼いてしまう傾向にある。

 

ともあれ「食べ方が…」とか「いびきが…」と言う母に対して、「そういう利用者さんがいるということを踏まえて参加すればいいの。お母さんはお世話好きだけどどうしていいのか分からないんでしょう?そこはデイの方がベテランなんだから、今まで通りのことをしていけばいいでしょ?」と話しておいた。

 

曜日によって利用者さんの色々な違いが出てくる。母が希望した曜日は母にとって二極に思うのだろう。実際、利用者さんに応じて内容を変えたりしてデイサービスも稼働しているわけだから、母のどうしても出てしまう我儘に対しては少しずつ、やんわりと諫めていく必要性もある。だから私はやはり優しくないお姉ちゃんなんだろうなと思いながら、父の様子も見ながら話をしている。

 

週2日行くようになれば、いい加減おしゃれの虫も騒ぎ出すだろう。そのうち洋服を買いに連れ出そうかと、夫と話しているところだ。

 

f:id:kanade15:20171217094422j:plain