***心模様***

後期高齢者になった両親の老々介護・それを支えていくこどもたちのお話が主です。

目の光をみると分かるようになる。

勤務中にカルテを片づけにいった。そこはスタッフルームでもあり、私のバッグがある=スマホもある。何気なくのぞける時はそんな時間で、着信と留守電が入っていた。ケアマネさんからだった。

上司に許可を得て電話をすると、体調を崩してケアプラン会議に行けなくなったので、日程調整をして欲しいと言われた。

私が立ち会える時は決まっているので、今回は両親のみで、次回は立ち会う旨を話したが、この話を両親にしなくてはならない。

 

電話に出ない高齢者は身を守っている。

 

続いて許可を貰い、実家に電話をする。スマホだから早々出ない。「私だけど~」と叫ぶと母が出た。

「明日は病院だから都合がいいわ」←私の都合も少しは考えて欲しいんですが…。

とりあえず話はここまでで、「家に帰ったらもう1回お父さんにも話をするから」と伝えて電話を切った。

 

戻ると、「あ、患者さんがいらしてましたか…申し訳ないです」と謝る。

 

帰宅して電話。父はすぐに出てくれるので(家電だけは)話をまとめてした。でも多分、来週も念押ししておかないとならないだろう。

一体両親は私からの電話をどんな思いで感じているのだろう?と思う。

仕事柄、両親を気遣いつつも多分私は、スタッフ寄りの考え方をしてしまう。

だから冷たい娘と言う太鼓判を押されている。そういう家族も必要なんだということは経験で知っている。

 

たまたまこの日来院した患者さんに軽い認知症の傾向がみられたので、もう1人のスタッフに暫く見守りを頼んだ。患者さんが立て込んでしまったからだ。

カルテを見て生年月日を確認し、入室を促し、私が見るのはまず目。そして治療中の言動と行動。説明は家族にするのだが、単身で来た場合は分かりやすく(分かっているかどうかも?だが)話すしかない。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

さて。私自身も多々問題に埋もれ、解決しようと目論み、行動をしている最中。

暫し…いわゆるお盆までは休憩させて頂こう。

 

自分に余裕がなければ介護はおろか、生活も危うくなる。心も大事にしなくては。

 

f:id:kanade15:20171217094422j:plain